Menu
お問合せはこちら

スタッフブログ

2017度全国高校ラグビーの花園出場校が決まってきましたね。

2017.11.20

こんにちは。
ドリーム代表の中川です。

 

お正月の花園といえば、私の中では高校ラグビーの全国大会です。
11月も中旬になると、ほとんど各府県の代表校が決まってきます。
つい1週間前には、京都や滋賀の代表校が決まりました。
どちらの決勝戦も大会前から注目を浴びていました。

京都代表は【京都成章高校】です。
おめでとうございます!

成章は、10度目の花園出場になりました。
今年度は、春の全国大会と7人制大会で、いずれも準優勝されています。
いまや全国屈指の強豪校になった成章高校。
日本一を目指して頑張ってください。

 

伏見工業高校は、京都工学院の連名で出場されてましたが
統合によって、今年度が『伏見工』の校名が入るラストシーズンでした。
伏見を目標にしてきた各学校、全国のラグビーファンにとっても
その名がなくなるのは寂しい限りですが
伏見工の伝統が礎となった、京都工学院の活躍を期待しています。

 

 

滋賀代表は【八幡工業高校】です。
おめでとうございます!

10年ほど前までは、全国の常連校だった八幡工ラグビー部でしたが
近年は、光泉高校が力をつけてきて花園常連校に。
ですが今年はそのライバルを倒し、7年ぶりの花園出場を決められました。
個人的に嬉しいのは『大学の後輩が監督』をしていたことと
私学より環境的には恵まれない公立高校が出場したことです。
花園では自分たちのラグビーをしてほしいですね。

 

光泉高校は連続出場が途切れて残念な結果になりました。
出場枠は1つなので、はっきりと明暗がわかれますよね。
負けても次のステージの勝負、人生は続くので、気持ち新たに乗り越えてほしいです。
来年の巻き返しに、すでに新チームが始動していると思います。
ライバルがいるからこそ、お互いが刺激となりレベルアップしていくもの。
次の1年、充実した日々にしてくださいね。

 

関連記事

【くまのぬいぐるみ+ミニTシャツ】ジョイベアー 制作納期のお知らせ

2017度全国高校ラグビーの花園出場校が決まってきましたね。

【朱雀第八小学校区】区民運動会で優勝しました!

第15回京都学生祭典の実行委員さんがお礼&報告に来てくれました。

普及スポーツのありかた